セクキャバに行くときの注意店 | キャバクラで女の子と一緒に騒いで、ストレスを発散させよう!
menu

セクキャバに行くときの注意店

黄色い花畑に居る女性

セクキャバは女の子の胸やおしりを触って、お酒を飲むことができるお店です。しかし、利用するときには注意も必要なお店でもあります。
その注意点をここで紹介しましょう。
セクキャバで女の子に触れているときは、お客さんと女の子の距離がけっこう近くなっています。
距離が近いということは、体が汚れていると相手の女の子にそのニオイは伝わってしまうということです。セクキャバに行くときはまず、シャワーを浴びてから行くことをおすすめします。シャワーを浴びれば、ニオイも落ち、女の子もお客さんに対して大きな抵抗を持たなくなります。
もし、仕事の帰りなどでシャワーに行けないような人でも、できることはあります。水で濡らしたハンカチやタオルなどで汗やニオイが気になるところを拭くだけでも全然効果が違うので、シャワーに行く時間がなくても準備は進めておきましょう。
進めておく準備はほかにもあります。その準備とは手のケアです。
手で直接触るので、手が汚いのもいけません。特に気をつけないといけないのは爪ですね。爪が伸びていると、女の子に触れたときに肌に傷をつけたり、勢いによっては怪我をさせることもあります。女の子はお店にとっても重要な存在であり、怪我をさせると大変です。
そんなことがないように行く前には必ず自分の爪が伸びているかどうか確認して、お店に行きましょう